【スプラトゥーン2】私がそれを持つ理由④

占いツクール 小説 スプラトゥーン
Сегодня:1 hit、Вчера:0 hit、Общий:91 hit

Высший чин : 12 , Обновлено: 01 авг. 2018 г., 7:19:54

何度も書いてるのでもう省略
気をつけてください。

+-+-+
「だって、なんの理由もなしにこんなブキ担ぐ子いないでしょ?それにあなたみたいに可愛い子なら尚更」
「……」

ちょっと待って下さい、頑張って思い出すので。やっと出来た返事はそんなものだった。お姉さんはそれが面白かったのか何なのか、「頑張ってね」と楽しそうに笑っていた。

まず、私がハイカラシティに来たのは今から半年前のこと。その頃の私はまだ可愛らしいわかばシューターを抱えていて、ナワバリバトルの基本も理解出来ていなかった。
キルを目的に初心者を狙うイカがいるというのも、その頃はまだ知らなかった。

「おい、あっちのチーム初心者がいるぜ」
「ほんとだ、かわいー」

同じチームに入ったイカはご丁寧に、そんな会話をしていたイカから私を引き離したが、バトル中もそうやってしてもらえることは無い。自分の身は自分で守らなくてはいけない。

「君はキルしなくてもいいから塗ってね!!」
「は、はい!」

そう言われたから塗っていたのに。

「おい、あそこにいたぞさっきの初心者!!」

敵チームのイカが、仲間にそう声を上げた。うまく隠れていたつもりだったのに。

「逃げなきゃ……!」

けれどなんのギアも付いていないに等しい装備では、速度重視の動きには勝てないわけで。私の背後には敵がスレスレにまで近づいていた。

「貰ったァ!!」
「……っ!」

構えられたブラスターに思わず目を閉じる。今思えば叩けば勝てたかもしれない。けどそんなことを考えられるほど冷静じゃなかった。
死を恐れたその瞬間、私の目の前でインクが散った。私と同じ色をしたインクが、目の前で散った。

「油断大敵、ってのはこういうことを言うんだぞ」

大丈夫か?と、そのイカは私に手を差し伸べてくれた。お姉さんと同じようにリッター3Kを抱えながら。私は謝った、迷惑をかけてごめんなさい。そして感謝した、助けてくれてありがとうと。

結局チームは負けてしまったけれど誰も私を責めようとはしなかった。私を助けてくれたイカは黙って行ってしまった。あの時の私は、その背中を見ていることしか出来なかった。

けどだからこそ、私はあのイカに追いつきたいと思った。立派になって、成長した姿を見てほしいと。そして、誰かを守れるようになりたいと思った。

「そうだ、私は……」

仲間を守るためにこのブキを担いでるんだ。

5歳児な初心者


Флаг сообщение / Блоки



流石!
これからも、応援しますね📣
イラスト下手くそで、すいません💦


きびだんご
01 авг. 2018 г., 22:50:44 Флаг Ссылка


きびだんご様>>

ありがとうございます。最近は中々進まず更新が不定期になってしまっていますが、本編とこちら、オクトと頑張って更新していくので、最後まで見ていただけたらと思います。まあ途中で失踪してしまうかもしれませんが。


5歳児な初心者
02 авг. 2018 г., 5:00:23 Флаг Ссылка


Вы должны войти в систему, чтобы комментировать : Войти


占いツクールではみんなドMでいようよという話
02 авг. 2018 г., 12:56:33 5歳児な初心者 1 7

お久しぶりじゃないかもしれませんが物語更新の多かったのでお久しぶりでお願いし...


文章まとめ
01 авг. 2018 г., 7:23:33 5歳児な初心者 3


【スプラトゥーン2】私がそれを持つ理由③
15 июля 2018 г., 23:04:19 5歳児な初心者 3

※ ・オリイカ ・オネエ口調のイカ ・稚拙な文章 ・なんか +-+-+ 練習場...



友達募集 雑談 拡散希望 イラスト 拡散 バトン 初投稿 ジャニーズ 自己紹介 小説 すとぷり 刀剣乱舞 お友達募集 NEWS 中学生 はじめまして お絵描き 野球 Hey!Say!JUMP